EDの危険性

EDの危険性

EDの危険性

あなたは性機能の衰えを感じたとき、「もうそっちからは引退してもいい。いい年齢なのだから」
と考えるかもしれません。でも、もしそれが他の疾患と関連しているものだったら、
放っておけませんよね。

実際、「性機能の不調=ED」を訴える中年男性の多くが、動脈硬化の原因となる疾患を持つ
ことがわかっています。それほど、動脈硬化はEDと深い関係にある病気ともいえます。
動脈硬化は高血圧、糖尿病、高脂血症などと関連が深いことが知られていますが
、EDも同様に深い関係にある病気なのです。

たまにできるのはEDではない?と思っている方もいると思いますが
もしかしたら、軽度から中等度のEDかもしれません。もし、完全に勃起しなくなったとしたら、
それはかなり重度のEDであり、そのような症例はあまり多くないのが実状です。

「たまに勃起しないことがある」、「勃起できるか不安になる」などご本人が勃起に満足を
感じられない場合も、十分にEDの治療対象となり得ます。

仕事や人間関係のプレッシャー、時間に追われる、疲れているなど、日常生活で多くのストレス
を抱える日本人男性は、「自分がEDになったのはストレスのせいだ!」と考えてしまう傾向
があるようです。

確かにEDには心因性のものがありますが、50代以上では、多くの場合動脈硬化が原因と
なっている混合型EDも多いため、自己判断で「いつか治る」と放っておくのは、軽率です。
まずは医師に相談してみましょう。

ED治療薬は危険なのか?EDと血管