バイアグラと勃起のメカニズム

バイアグラと勃起のメカニズム

バイアグラと勃起のメカニズム

バイアグラは勃起不全に効果的ということは誰もが知っていることですが、では、なぜ、
バイアグラは勃起不全に効果があるのでしょうか?

そもそも、勃起はどのようにして起こるのかきちんと把握する必要があります。

勃起は、実は性器の海綿体に血液が集まることで硬くなるのです。
陰茎に性的刺激を受けることで一酸化窒素が分泌され、環状グアノシン一リン酸という物質が
形成されます。この環状グアノシン一リン酸が陰茎海綿体の筋肉を弛緩させ、それに伴い
普段は閉められている血管が緩むことで、陰茎海綿体に血液が流れ込み、陰茎内の圧力が
上昇し勃起に至るというワケですね。

バイアグラが勃起にどう作用するのかというと、この環状グアノシン一リン酸という物質
の働きに大きく関係しているのです。

環状グアノシン一リン酸は勃起のために欠かせない物質ですが、実は、体内にある5型ホス
ホジエステラーゼという酵素によって分解されその力を失ってしまうという特徴があります。

バイアグラの有効成分「クエン酸シルデナフィル」にはこの5型ホスホジエステラーゼの働き
を妨害し、環状グアノシン一リン酸が分解されることを防ぐ効果があるのです。

環状グアノシン一リン酸の分解を防ぐことで、勃起の機能を正常化する効果を得ることが
できるということです。

これが、バイアグラがEDに効果的といわれる理由です。

バイアグラについてED治療薬は危険なのか?